会社を辞めました。

この度34年間お世話になった会社を退社しました。

398abfa076009a4f14b9dbda2b6e0c59_t.jpg

(正確には現在「有給消化中」なのでまだ在籍中ですが・・。)





この有給も3月いっぱいまで。





4月から新しい職場で・・・



のはずだったのですが現在まだ決まっていません・・。


f8ea3c108c8118491e6a32cf1d3eba6d_t.jpg


今までは大田市場青果仲卸の野菜の営業として大手量販店と取引をして来ました。


茨城中心の量販店の窓口の兼任もしていました。




取引スーパーさんを見学(視察)したりする際


売り込んだ野菜や自分の会社の野菜が店頭に並んでいるのを見るのは何年やってても嬉しいものです。



10323003086.jpg




仕事柄拘束時間は長いし「これで終わり!」って言うのが無く


気分的には365日24時間営業でした。


夜も入荷トラブルや配送系トラブルがあると電話が来るので


携帯電話も電源は切らずに枕元に置いて就寝します。




そんな仕事でしたが


決して嫌では無く、それなりに楽しんで取り組んでいました。




しかし、段々と状況が変わって来ます。


それとリンクするかのように僕の気持ちの在り方も変わってきました。


そして悩みに悩みまくりました。


”この歳で辞めてどうする?

家のローンもあるし、7人家族を養っていけるのか?

そもそも自分に何ができる?”

この会社のおかげで今の自分や家族があるんじゃないのか?


と。



しかし、年齢的に最後のチャンスと思い意を決して退社を決断した次第なのです。







当初は「頑張れば頑張った分だけ手取りが増える」と言われていた黒ナンバーの軽バンでの配達の仕事をしようとしていました。



配達の業界は慢性的な人手不足と言われているし募集の条件とか見ていると、大きくは儲けられないけど今までよりは増えそうだと考えていました。


しかし調べれば調べるほど「危険な香り」が漂ってきます・・。


僕がやろうと思っていたのは一つ140円の「宅配」。



ネットでの購入は今や当たり前になってきていますよね。


僕の所もそうだけど、今までは僕だけがネット購入していたのですが今は成人した息子達もそれに加わって来ました。


スマホ世代のネット購入者の参加です。


smartphone_a04.png


自由になるお金が増えた事をいいことに僕より頻繁に購入したりしています。



そういった意味から「宅配」は行ける!仕事は途切れない! と思っていました。



しかし、欲しい収入から逆算した時に「一荷物140円」が重くのしかかって来ます。



140円・・。



一日100個配達出来たとして14000円。


200個配達出来れば28000円。



一件配達するのに何分かかるのだろうか?



団地やマンション地帯ならまだしも普通の住宅街で


配達出来る時間帯に制限がある中200個なんて無理じゃね?


100個すら・・。



そう思っている所にネットや知人からどんどんネガティブな情報が飛び込んで来ます。



更にそんな時、細い道をエンジンをギャイ~ンと唸らせながらかっ飛ばしていく「黒ナンバーの軽バン」を見かけます。


小学生が良く通る細い道でです。





軽バンの配達という事が頭の中から消えて行った瞬間でした。






この時点ではどこかの会社に入ると言う事は頭にありませんでした。


なぜなら、収入が極端に下がり暮らして行けなくなるからです。



なので、頑張った分増える職を探していました。



僕は長年の市場経験から普通より青果を安く仕入れる事が可能です。


ですので、そのメリットを生かすべく「一人親方」的に商売出来ないかを模索しました。



しかし、大手量販店ばかりと取引してきた僕には


「僕自身のお客」と言う存在ががありません。



唯一、お客さんと言う訳では無いのですが、商品のやり取りと言うか主に僕が買う方でたまにこちらからの商品を買ってもらう的な事をしていた業者さんはいました。


なので、その方と商売が出来ないかと思っていましたが、話し合った結果断念。


この時にその方に「小売り」を勧められましたが、その時点では小売りに関心は無く


あくまで、「一人仲卸」的な仕事をイメージしていました。



しかしお客がいなければ商売になりません。




その後色々勤める話もいただきましたが収入面で折り合いが付かずどれも断念。




「ピンチだがチャンスでもある!」


なんて張り切っていましたが、何も決まらず時間だけがどんどん過ぎ去っていきます。




そんな中とある仲間にこう言われます。



「取引先が見つからないんだったら安く仕入れ出来るわけだから自分で小売りしちゃえばいいんじゃないの?」と。




「小売り」




先に書いた通り僕は職業柄野菜や果実を普通より安く仕入れる事が出来ます。


なのでその仕入れ先を使って商売出来れば一番良かったのですが


仲卸出身の僕には自分が小売りすると言う感覚は全くなく


その安く仕入れ出来る野菜をどうやってスーパーなり業者なりに売るかしか考えていなかったので


自分が「小売り」する発想は皆無でした。



しかし、今の自分が置かれている状況と必要性を考えた時


それが一番いいと思えて来ています。



全くやった事の無い小売りの世界ですが


幸いにも、軒先での「小売り」から始めて家も建てベンツも購入した知り合いもいます。


実は先の一番最初に小売りを勧めてきた業者さんも小売りで成功をしている方です。


その二方も教えてくれると言ってくれてます。



その方々を先生とさせてもらって色々教わりながらやってみます!





54歳からのチャレンジの始まりです!!