八百屋さん開業に向けて80

9e8c01468157229aaf93aa10d7aaaf30_s.jpg

今日はおつりの用意をしました。

1円5円は前から貯めてたわけじゃないけど小銭入れにあると出して瓶に入れてた分がかなりあるからそれを使えば良いので

10円、50円、100円、1000円、5000円を用意しに銀行に行って来ました。


来週早々大きめの仕入れの支払いがあるので今日おろしたついでにお釣りも用意しちゃおうと思ったわけなのです。


その前に銀行に電話してどのようにすれば「お釣り」になる様に細かく出来るか聞いたところ

トータル50枚までは無料でそれ以上は手数料が504円かかると。

もし100枚欲しい場合は一日の手数料無料の上限枚数が50枚なので二日に分けてすれば手数料はかからないとの説明も受けましたが

来週にそういった事出来る暇があるかわからないし硬貨とお札で合計344枚になるから日数も足りないし。

なので、手数料払って今日用意してしまいました。


ATMではそう言った事は出来ないので窓口でやります。

出金を依頼する紙の表に出金金額を書き、その金額をどういう内訳で出金するかを裏に記入します。

裏には1円玉から1万円札までの欲しい枚数を記入する欄があって、例えば10円玉を100枚欲しければ10円の欄に1000円と書いて500円玉を20枚欲しければ10000円と書く的な。


このパターンの場合、まず裏を記入してから金額を計算してそれを表に書かないと非常にめんどくさいです。




今回やってもらったのは

10円玉・50円玉・100円玉各100枚。

500円玉20枚

1000円札20枚

5000円札4枚

です。

これを二台のレジで分けます。


あと、うちにある1円と5円もです。



出るばっかじゃ無くて入っても来るわけだから足りるでしょ!









”幸運の女神は準備されたところにやってくる。”

- ルイ・パスツール -

この記事へのコメント